≪Amazonプライムなら送料無料、ドラマも映画も見放題

ハヤブサ消防団のさんかくが怪しい?放火犯は誰なのか犯人探しが白熱

ハヤブサ消防団 さんかくが怪しい? h放火犯は誰なのか エンタメ

※本ページはプロモーションが含まれています

池井戸潤の小説『ハヤブサ消防団』のドラマが、現在テレビ朝日で放送中です。

第6話では、ついに太郎の家の庭まで放火されてしまいました。

放火事件の犯人の手がかりを掴んだ太郎が、居酒屋「さんかく」にハヤブサ消防団のメンバーを集めて「ハヤブサの平和を脅かす放火犯が、この中にいます」と怪しい犯人を宣告する形で終わりました。

さんかくに集まった消防団に本当に犯人がいるのか?それとも太郎が「怪しい」と勘違いしているだけなのか?ハヤブサ消防団の犯人探しが、ますます白熱しています。

チョコママ
チョコママ

続きがすごく気になる終わり方だったよね。

【ハヤブサ消防団】のあらすじ

『ハヤブサ消防団』は、東京から故郷の田舎町に移住してきたミステリー作家の三馬太郎が、ひそかに進行していた連続放火事件の真相に迫る物語です。

太郎は、地元の消防団に勧誘され、消防団員として働き始めます。

その中で、放火事件の犯人と思われる人物と出会い、事件の真相を追うようになります。

太郎は、消防団の仲間や、町の住民たちの協力を得ながら、事件の真相に迫っていきます。

しかし、事件の裏には、予想もしなかった巨大な陰謀が隠されていました。

『ハヤブサ消防団』は、池井戸潤の代表作『半沢直樹』シリーズのような、手に汗握るサスペンス作品です。また、田舎町の温かさや、消防団の活躍を描いた心温まる作品でもあります。

楽天ブックス
¥1,925 (2024/06/12 00:45時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「ハヤブサ消防団」は、U-NEXT 全話無料で視聴することができます。

今なら31日間無料のキャンペーンを実施中なので、1話から全話見直すことも可能です。

↓今すぐ【無料】で試してみる↓

※31日間の無料お試し期間内に解約すればお金は一切かかりません

【ハヤブサ消防団】さんかくが怪しい?

居酒屋「さんかく」に集められた消防団メンバーは次の5人です。

藤本勘介(満島真之介)

徳田省吾(岡部たかし)

森野洋輔(梶原善)

宮原郁夫(橋本じゅん)

山原賢作(生瀬勝久)

そして、さんかく店主の賀来武彦(福田転球)も消防団の協力団員になります。

ドラマの公式ポスターに、重要人物が写っているのですが、いつもの消防団員は顔がはっきりと写っているのに対して、1人だけ消防服姿でうつむいている人物がいるんです。

それは、さんかく店主だと考えられます。

明らかに怪しくありませんか?

他のハヤブサの住民と同様に、消防団メンバーもいつも「さんかく」に集合し、放火犯の話や色々な相談事をしていました。

さんかく店主が情報収集するのは、たやすいことですよね。

ルミナスソーラーの真鍋(古川雄大)と内通していても、決しておかしな話ではありません。

チョコママ
チョコママ

怪しいのは、さんかく店主!?

【ハヤブサ消防団】放火犯は誰なの?犯人探しが白熱

SNSでは放送直後から、犯人探しの推理が白熱しています!

さんかく以外にも怪しい人物がたくさん挙げられていました。

もう誰が犯人なのか、わからなくなってしまいます。

チョコママ
チョコママ

みんな犯人に見えてきてしまうよね。

まとめ:【ハヤブサ消防団】放火犯はさんかくが怪しい?

放火犯はいったい誰なのでしょうか?

公式のポスターや、情報収集にうってつけの場所ということで、居酒屋「さんかく」の店主が怪しいと予想しましたが、どうなるでしょうか。

ドラマには伏線が張り巡らされていると思うので、続きがまだまだ楽しみですね♪

エンタメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました