≪Amazonプライムなら送料無料、ドラマも映画も見放題

ジャンヌの裁きの最終回ネタバレ結末!最後は漫画と違う?

ジャンヌの裁き 最終回ネタバレ結末!最後はどうなる? ジャンヌの裁き

※本ページはプロモーションが含まれています

登場人物が様々な動きを見せ始めている「ジャンヌの裁き」ですが、最終回結末はどうなるのでしょうか?

最後は漫画と違う結末を迎えるのでしょうか?

ドラマ「ジャンヌの裁き」がどのような最終回結末を迎えるのか予想したいと思います。

それではドラマ「ジャンヌの裁き」の最終回ネタバレ結末について、1つずつ予想していきます。

ジャンヌの裁きの最終回ネタバレ結末を予想

「ジャンヌの裁き」の最終回ネタバレ結末について、予想してみました!

最終回ネタバレ結末①桧山が何らかの改革を行う

東京地検特捜部長・桧山(田中直樹)が、あやしげな動きをしていました。

特に剛太郎(玉木宏)の身辺を洗っているようでしたね。

今回の審査会メンバーは、検察で不起訴となった事件を次々と不起訴不当としていっています。

今回の審査会メンバーをまとめている剛太郎に一目置いており、どのように審査会を動かしているのかを今後の改革のために見ていたのではないでしょうか?

今後、検察で起訴するかどうか判断する際に、審査会のようなチェック機関を新たに作ろうとしているのかもしれません。

最終回ネタバレ結末②それぞれが自分自身の生き方を見つめ直す

不起訴となった事件を洗い直す中で浮かび上がってきたのは、それぞれの事件の当事者たちの姿でした。

剛太郎を始めとして、他の審査会メンバーたちも、自身の生き方についてそれぞれ見つめ直して向き合っていくのではないかと予想します。

自分たちが今後どのようにして生きていくか、どうやったら自分を大切に自分らしく生きていけるかについて考えながら審査会を後にする、といった終わり方になるのではないでしょうか。

最終回ネタバレ結末③剛太郎一家が新しい家族のカタチで再生していく

一連の事件を調べ直す中で、剛太郎は改めて家族の大切さに気付くのではないでしょうか。

離婚という選択でシングルファーザーの道を歩んでいた剛太郎でしたが、改めて元妻の佐和子(優香)との関係を見直し、新しい家族のカタチを作っていくのではと予想します。

それぞれがサポートし合って、最後はそれぞれの仕事をより大切に向き合っていく姿を描いて終わるのではないでしょうか。

そして子供たちの笑顔を何より大事に守っていくのだと思います。

ジャンヌの裁きのネタバレ【漫画編】

「ジャンヌの裁き」には原作漫画はありません

完全なオリジナル脚本の作品となっているので、ドラマの最終回結末はどうなるか、全くわかりません。

ジャンヌの裁きのネタバレ【企画編】

企画協力・アドバイザーは、田淵俊彦さんです。

元テレビ東京社員で、プロデューサー在職中に「ジャンヌの裁き」を企画されました。

ドキュメンタリーを中心に映像制作を多く手掛けており、「生きるとは何か」など人間にとって根本的・普遍的なテーマ、壮大なテーマを描く手法には定評があります。

またドラマにおいては、弁護士もの、事件ものなども手掛けてきており、今回「ジャンヌの裁き」でも検察の内情を描きながら、「生きる」というテーマもうまく浮かびあがらせていくのではないかと思われます。

ジャンヌの裁きのネタバレ【脚本家編】

「ジャンヌの裁き」は泉澤陽子さん、大北はるかさん、いとう菜のはさんの3人の脚本家が担当しています。

この3人の脚本家はそれぞれ、人物をいきいきと豊かに描くところに共通点があるのではないかと思います。

「ジャンヌの裁き」は毎回いろんな人物が登場しますが、その人の姿に焦点を当てて丁寧に描いています。

審査会メンバーたちも最後、審査会を巣立ってどのようにして人生の歩みを進めるかも同時に描くのではないでしょうか。

ジャンヌの裁きの脚本家①泉澤陽子

代表作は「弁護士ソドム」「リコカツ」ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」「「IQ246〜華麗なる事件簿〜」です。

幅広いジャンルの脚本を多く手掛け、「この人の脚本だから面白そう」といった声も聞かれます。

「ジャンヌの裁き」の脚本家②大北はるか

代表作は、「大奥」「ユニコーンに乗って」「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜シリーズ」「ナイトドクター」です。

毎クールと言っていいほど名前を見かけ、視聴者を夢中にさせる脚本家です。

「ジャンヌの裁き」の脚本家③いとう菜のは

代表作は、「ユーチューバーに娘はやらん!」「SHUT UP」「受付のジョー」です。

作品の雰囲気や空気感の作り方に定評があり、作品には共感の声が多く寄せられる脚本家です。

ジャンヌの裁きの最終回ネタバレ結末のまとめ

ドラマ「ジャンヌの裁き」の最終回ネタバレ結末について、

  • 桧山が何らかの改革を行う
  • それぞれが自分自身の生き方を見つめ直す
  • 剛太郎一家が新しい家族のカタチで再生していく

と予想してみました。

「ジャンヌの裁き」は原作漫画はありませんので、3人の脚本家が趣向を凝らして、「生きる」というテーマに焦点を当てた最後になるのではないかと思います。

「ジャンヌの裁き」の登場人物たちが今後、どのような決断をして、どのように変わっていくかにも、ぜひ注目していきたいところです。

最終回ネタバレ結末は現時点ではどうなるかわかりませんが、視聴者の期待を大きく超えてくれそうで楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました