≪Amazonプライムなら送料無料、ドラマも映画も見放題

転職の魔王様でなぜ杖をついている?成田凌演じる栗栖の過去は?

転職の魔王様 なぜ杖をついている? エンタメ

※本ページはプロモーションが含まれています

ドラマ「転職の魔王様」で成田凌さん演じる来栖は、いつも杖をついています。

来栖はなぜ、杖をついているのでしょうか?

ドラマ「転職の魔王様」ではまだ描かれていない来栖の過去が気になりますよね。

ドラマに先駆けて、来栖がなぜ杖をついているのか、来栖の過去に何があったのかについて、解説したいと思います!

【転職の魔王様】成田凌演じる栗栖はどんな人?

洋子(石田ゆり子)が社長を務める転職エージェント、「シェパードキャリア」の敏腕キャリアアドバイザー。

成績は抜群ですが、求職者にいつも冷徹な対応をすることから、「魔王様」と呼ばれています。

洋子の姪の千晴(小芝風花)を担当することになります。

その後「いろいろ考える期間を持つことが必要」と「シェパードキャリア」で見習いとして働くことを勧められた千晴は、来栖の下につくことになります。

とある事情により、来栖はいつも杖をついています。

毒舌で冷淡で、杖をついている姿が余計怖く見えてしまう来栖ですが、「シェパードキャリア」の看板猫のタピオカは、来栖にとっても懐いています。

チョコママ
チョコママ

ドラマには原作小説があるよ。

「転職の魔王様」は、額賀澪さん原作の小説です。

″最恐毒舌”の魔王様と呼ばれるキャリアアドバイザーが、悩める求職者たちの本音をあぶり出す、現代に働くすべての人に贈る、爽快エンターテインメント!

楽天ブックス
¥924 (2024/06/12 18:02時点 | 楽天市場調べ)

ドラマの続きが早く知りたいあなたは、先に小説を読んでもみるのもいいかもしれませんね♪

電子書籍版なら、今なら初回ログイン70%OFFでお得に読めますよ!

他にも無料で5000冊以上の漫画も読めるので、お得です♪

\今すぐ70%OFFで読んでみる/

【転職の魔王様】成田凌演じる栗栖はなぜ杖をついているのか?

26歳のとき、居眠り運転の軽ワゴン車に突っ込まれ、左膝の複雑骨折で重傷を負います。

事故の原因は、運転者が勤務していた会社の違法な残業からくる過労によるものでした。

運転者は、必死に来栖を避けようとしたが避けることができず、そして亡くなってしまったのです。

来栖は事故により、一応歩けるけれど、走ることは出来なくなってしまいました。

来栖は事故以降、杖をつくことになってしまいましたが、被害者意識ではなくむしろ罪悪感を持っています。

【転職の魔王様】成田凌演じる栗栖は、奇跡的に生まれた

原作者の額賀澪(ぬかが・みお)さんによると、「転職の魔王様」を3話まで書いたところで行き詰ってしまったそうなんです。

そんな時に、たまたま成田凌さんが出演する映画「弥生、三月-君を愛した30年-」を観に行ったそうです。

成田凌さん演じる山田太郎は、元プロのサッカー選手だったのですが、交通事故に遭って、足を悪くしてしまうんです。

波瑠さん演じる弥生と映画の後半で偶然、再会するんですが、いろいろあって弥生が太郎の前から走って逃げてしまいます。

太郎は足が悪いので追えないのですが、額賀さんがそのシーンを見た時に、来栖も同じだと気付いたのです。

離れていく人間を物理的に追えないから、言葉を武器にする。強い言葉を求職者にぶつけることで、おもいが届くと信じている。そう気付いた後は、すんなり書けました。

引用元:https://www.tokyo-np.co.jp/article/265076

驚いたことに、この段階ではキャストはまだ決まっていなかったそうです。

後日キャストを知らせるメールが来たときに、成田凌さんの名前があって、本当に驚いたそうです。

チョコママ
チョコママ

ほんとに奇跡みたいな話だよね。

まとめ:【転職の魔王様】なぜ杖をついている?

「転職の魔王様」で来栖が杖をついているのは、過去に自動車事故に遭遇し、大怪我を負ってしまったからでした。

来栖は、勤務先の違法な労働による過労で事故を起こしてしまった加害者が亡くなってしまったことから、罪悪感を今も抱いているようです。

この先、ドラマでも来栖の過去が明らかになっていきそうですね。

↓↓今なら初回ログイン70%OFF!↓↓

エンタメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました