≪Amazonプライムなら送料無料、ドラマも映画も見放題

チュダンテは生きてる?ペントハウス最終回ネタバレ結末とホームレスの謎

[ペントハウス]最終回のホームレスはチュ・ダンテ? ペントハウス

※本ページはプロモーションが含まれています

「ペントハウス」は最終回には主要人物のほとんどが死亡するという、衝撃的な結末を迎えました。

その中で、最も謎に包まれたのが、最終回に登場したホームレスの存在です。

このホームレスは、チュダンテと瓜二つであり、彼が生きてるのではないかとの憶測が広がっています。

そこで今回は、「ペントハウス」最終回のホームレスが生きてるチュダンテである可能性を検証し、謎に包まれたネタバレ結末について解説していこうと思います。

ペントハウスでチュ・ダンテは生きてる?死んでる?

ペントハウス3の最終回に、チュダンテに瓜二つのホームレスが登場します。

このホームレスは、生きてるチュダンテなのでしょうか?

結論を言うと、このホームレスは生きてるチュダンテではありません。

チュ・ダンテはシム・スリョンにより銃で頭を撃ち抜かれ、そして自らがペントハウスに仕掛けた爆弾の爆発とともに転落。

これで生き残っているわけはないと言えるでしょう。

はっきりとは描かれていませんでしたが、チュダンテは死んだものと思われます。



ペントハウスの最終回でホームレスが登場した意味

解説

「ペントハウス」の最終回では、チュダンテに似たホームレスが登場し、視聴者を驚かせました。

死亡したと思われていたチュダンテでしたが、なぜそっくりなホームレスが登場したのでしょうか?

ホームレスが登場したことに込められた意味について、見ていきたいと思います。

ペントハウスの最終回でホームレスが登場した意味①伏線回収

ローガンリーにより刑務所送りとなったチュダンテは、ローガンへの復讐心に燃えていました。

結果、ローガンの帰国に合わせてチュダンテは脱獄を図ります。

そしてホームレスに扮装して、シムスリョンとの再会というローガンにとって最大の山場となる場面において爆破事件を起こし、ローガン殺害を企てるのです。

このホームレスへの扮装が、最終回への伏線となっていたのでした。



ペントハウスの最終回でホームレスが登場した意味②チュ・ダンテの本来あるべき姿を見せる演出

チュダンテ(本名ペクジュンギ)は元々非常に貧しい家庭で生まれ育ちました

そして親兄弟を建設現場の事故で失うなど、悲惨な幼少期を送ってきました。

壮絶ともいえる幼少期を送ったことは、彼を「怪物」へと変貌させてしまったのです。

多くの人の命を奪うという卑劣な手段を使いながら、正当な努力ではなく韓国トップクラスの大金持ちへと成り上がっていったチュダンテ。

しかし彼が手にした地位は真っ当な努力・実力で手にしたものではなく、全て偽りの地位といえるものでした。

本来のチュ・ダンテは大企業の会長になれるような器ではなく、貧しいまま大人になり、ホームレスとして生活すべき器だったのです。

最終回でホームレスを登場させたのは、チュダンテの本来あるべき姿を見せる演出だったと言えるでしょう。

ペントハウスの最終回でホームレスが登場した意味③チュダンテの救済

チュダンテの娘ソッキョンは、最終的には父を見捨て、目の前から立ち去ります。

しかしチュダンテの死後、バイト先に現れたチュダンテそっくりのホームレスに対しては、食べ物を与えて助けてあげます。

父親そっくりのホームレスに対して、自分が捨ててしまったという後悔の念と、また哀れみの念からの行為なのでしょう。

特に哀れみの念は、食べ物に困っている目前のホームレスに対してもありますが、それよりも「怪物」として生きるしかなかったチュ・ダンテへの哀れみとも言えるかもしれません。

こうしてソッキョンの施しにより救済されたホームレスは、すなわちチュ・ダンテの救済をも意味するものだとも考えられます。

ペントハウスの最終回ネタバレ結末

「ペントハウス」の最終回では、一連の事件の顛末が描かれました。

偽りの富と名声を得ていたチュダンテはかつての妻に額を撃ち抜かれた上に、自らが仕掛けた爆弾によって、自らが築いたペントハウスの崩落とともに死亡。

その最後の妻であったチョンソジンは罪を裁かれ、病によりその声を奪われた上に、娘の幸せを願いながら自らの命を絶ちました。

そして娘のソッキョンは、アルバイトをしながら自分の力で再起をはかり、チュダンテ似のホームレスにも施しをしてあげる姿が描かれました。

自ら努力を続けていた息子のソクフンは音楽家として成功。

こうして、あるべき場所であるべき姿として生きていく姿を描いたのが「ペントハウス」の最終回でした。

ペントハウスのチュダンテは生きてる?最終回ネタバレ結末とホームレスの謎のまとめ

「ペントハウス」でチュダンテは生きてるとは考えにくいです。

最終回に出てきたホームレスは、チュダンテに似ていましたが、全くの別人だったと思われます。

ホームレスの登場した意味は、

  • 伏線回収
  • チュダンテの本来あるべき姿を見せる演出
  • チュダンテの救済

であったと考えられます。

「ペントハウス」は最終回まで伏線が張り巡らされた、波乱万丈で記憶に残る名ドラマと言えるでしょう。

「ペントハウス」が見放題の動画配信もあるので、見返してみるのも、また違った楽しみ方ができておすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました